歯周治療
スタッフ募集
衛生士さん(正社員・パート)、
歯科助手さん(パート)募集中!

043-276-8110診療時間

  • 虫歯治療
  • 予防歯科
  • 歯周病
  • インプラント・口腔外科
  • インプラント・口腔外科
  • 義歯入れ歯


医療法人 康進会
たかデンタルクリニック

〒262-0025 千葉市花見川区花園1-21-11
千葉市花見川区の歯科/一般歯科・予防歯科・インプラント・口腔外科・義歯/入れ歯治療

 



歯周病とは・・・
歯周病とは、歯垢(プラーク:細菌の塊)によって歯を支える骨や歯肉との付着が失われる病気です。
また、「歯周病は歯を失う最大原因」です。
統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

歯を失う最大原因とも言える歯周病は、サイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも呼ばれ、痛みなどの自覚症状が出にくく、症状が顕著に出る状態にまで放置してしまうと既に歯周病が進行した状態になってしまっています。

長い期間をかけて徐々に進行し最後には歯が抜けてしまいます。
初期の頃は痛みも無く歯ぐきからの出血、口臭程度でほとんど自覚症状がありません。ある程度悪化してから噛めない、腫れている、歯が動く、隙間ができた、歯並びが変わった、などで歯周病だと気づきます。

プラークには細菌や細菌の作った毒素が含まれ、それが原因で歯を支える骨が失われます。歯石(歯垢が唾液の成分によって石灰化したもの)があるとプラークの除去は困難になります。

言いかえると、歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク:細菌の塊)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織がじわじわと壊れていくのです。また、喫煙、糖尿病、咬み合わせも歯周を悪化させる原因なので、治療コントロールすることが重要です。

ある日突然、歯周病になるわけではありません。10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっている・・・ということも。
虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・といこともありえる恐い病気なのです。

 

歯周病の進行

歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。

歯周病の原因はプラークですので、歯周病の重症度によらず、日々の歯磨き(ブラッシング)が最も重要な治療となります。軽度歯周炎で歯石が沈着している場合は、専用の機械・器具を使って歯石を除去します。

中等度以上の進行したケースでは、深いポケット内にある歯石が取り切れないことがあるため、歯肉を切開して確実に歯石を取る、歯周外科を行うこともあります。さらに重度歯周炎になると、抜歯が必要になる場合もあります。

歯周病でお悩み・お困りの方は、花見川区のたかデンタルクリニックにご相談ください。まずは、現状の歯の状態をしっかりとチェックし、適切な治療を行います。

 

たかデンタルクリニックは保険医療機関のため、歯周病の治療にあたり保険診療の規約に沿って、検査・治療を進めています。


「歯周病検査:1回目」を行い、歯周病についてどの程度進行しているかを調べます。
検査に基づき、まず『歯の表面の歯石除去』を行います。


歯の表面から歯石が無くなると、見た目はきれいになりますが、まだ治療は終わっていません。


1週間~1か月の経過観察(歯周病の進行状況により期間は変わります)

「歯周病検査:2回目」を行います。
初診での歯石取りなどの処置で歯周病がどのように変化しているかをしっかりと確認をします。

ここで問題がなければ治療は終了ですが、歯周ポケットの歯石の除去が必要な場合があります。この状態になると歯石が歯肉の中にまで付着してしまっているため、麻酔(表面麻酔、局所麻酔)などを用いて、歯石を除去して歯の根元をきれいにするSRP(スケーリング&ルートプレ―ニング)という処置が必要になります。


SRP治療は、毎回の歯周病検査を受けることで保険治療ができます

SRP(スケーリング&ルートプレ―ニング)とは・・・

長期間、歯医者さんで歯石をとっておらず、歯石が多くついている状態になると歯と歯ぐきの境目の溝(歯周ポケット)が4~6mmと深くなってしまいます。

この状態になると歯石が歯肉の中にまで付着してしまっているので、麻酔(表面麻酔、局所麻酔)などを用いて、歯石を除去して歯の根元をきれいにする必要があります。この治療をSRPと言います。この治療によって、ポケットが深い状態を改善することができます。

深いポケットの状態を放置するとその部分の歯周病は進行するので、しっかり歯石を除去することはとても大切です。

外科処置をしなくてもこの部分の治療がきちんとできていれば、歯の延命につなげることができます。

歯周ポケットはとてもデリケートな部分なので、SRPは、歯周病治療に関するトレーニングを積んだ歯科衛生士の協力が必要になってきます。当院では、お口の中を6ブロックに分け、丁寧にSRPを行っています。
経過観察(歯周病の進行状況により観察期間は変わります)

「歯周病検査:3回目」を行います。これまでの処置で改善されてるかを評価します。

検査結果により2回目までの治療を繰り返し行い歯周治療を続けるケースもありますが、骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深いような箇所はSRPだけでは歯石を取り除く事が不可能です。このような場合は、歯周外科手術を行い、歯肉を切開して細かい部分まで歯石を取り除きます。
また、骨の状態によっては、失なわれた骨を回復する「再生療法」が有効な場合もあります。

歯周病や虫歯は予防できる病気です。

だからこそ、しっかりと治療を行い治療後に再発しないように「予防・メンテナンス」をしていくことがとても重要です。

生涯にわたり自分の歯で美味しい食事が出来、笑顔で過ごしていただくことが、たかデンタルクリニックの本当の願いです。

そのためには、歯周治療へのご理解、そして患者さまご自身の治療への積極的な参加とご協力が不可欠です。
歯科医師による治療、歯科衛生士による予防・メンテナンスと経験豊富なスタッフがチーム一丸となって患者様のサポートを行いますので、歯周病でお困り・お悩みの方は千葉市花見川区の歯科医院(歯医者)たかデンタルクリニックへご来院ください。

 

 

Copyright © TAKA Dental Clinic All Right Reserved.